現代の社会問題であるネットでの誹謗中傷について

いじめにもつながること

誹謗中傷というのは昔からありました。それが原因でいじめにつながったりしていました。ですが昔なら誰が言ってきたのかが大体分かるような時代でした。ですが現代では全く知らない人が周りに便乗して悪口を自由に書き込むことができるようになってしまいました。全くその人に何の感情もない人が、あたかもむかついているかのように悪口を書いてそれを書かれている本人はそれを見て悲しい思いをします。そんな事が日常茶飯事に起きているのです。

いたすらにもほどがあります

こんな今の状態は決していい状態ではありません。知らない人からいたずらで悪い事をかかれてそれで悲しくなってしまうという事は意味のある事なのでしょうか。書き込んでいる人はそれを読んで相手が悲しくなっている顔すら見ることはないのにそれをする必要があるのでしょうか。ないのにするのは何故なのでしょうか。考えたらキリがないでしょう。ですが現代人はそれを暇つぶしの一貫として平気で行っているのです。この状態は非常に良くない状態です。

顔の見えない相手との出会いを大事に

少なからず自分の書き込んだことで悲しい思いをしている人がいるという事を自覚する能力が欠落している現代人はその心を改めないといけませんよね。顔が見えない相手だからこそ余計に優しくするべきだし、余計な事を書き込んでしまわないようにする事が大事です。そうでなければSNSでの出会いを大切にしている人からしたらとんだ迷惑になります。最悪の場合それがひどくなればそれが原因で自殺をしてしまうなどの事例も実際にあるのです。

サジェスト対策を効果的に行うために、ネットワークに関する専門性を有する技術者に相談を持ち掛けることが良いでしょう。