一目で『読もう!』と思わせるホームページのデザイン心理術~3種のテクニック~

ホームページのテーマに合うデザインにする

ホームページには必ずテーマが存在しています。そのテーマを無視するようなデザインでは、読者の心に響くことはまずありません。そのため、何度も読んでもらえるようなホームページではなくなります。シンプルすぎても印象は薄く、逆に派手にしてしまうと目がチカチカしてしまうため逆効果です。だからホームページのテーマに合う”程よいデザイン”が必要不可欠になります。テーマを連想されるようなカラーや画像を入れるだけでも効果あるデザインになります。

デザイン1つで見やすいホームページになってしまう!

ホームページを更新していく内に、どうしても複雑になってしまいます。記事一覧や目次を用意したとしても、分かりづらければ読者の心は離れて行ってしまいます。それを避けるためにもデザインを利用します。ホームページの中のカテゴリー毎にデザインを変えると良いでしょう。『このカテゴリーにはこのカラーで』や『こういう内容にはこの画像を』などにすると、読者により分かりやすく伝えることができます。内容に合うデザインにすることがポイントなので、ズレたデザインにならないよう注意が必要です。

読者の反応を見ながらデザインを更新していく!

デザインは作成者の色がどうしても出てしまいます。良いことではありますが、読者を無視したデザインだけは避けなければなりません。その手段として、読者数やアクセス数、リターン率を調査しながらデザインを更新していくと良いです。『このデザインだと読者が増えた。』『このデザインではアクセス数が下がる。』など調べると改善点や良い点が見つかります。それをヒントにデザインをバージョンアップしていくと、読者の心を掴み、ホームページに何度もアクセスしてもらえるようになります。

パソコンやスマホなど、Webサイトが見られる機器はたくさんあります。それぞれ表示画面の大きさが違いますが、どの機器から見ても最適に表示されるよう、単一のファイルで対応するのがレスポンシブデザインです。