ネットでの誹謗中傷…どうしたら被害を受けずに済む?

日頃から気をつけるべき点は

ネットで誹謗中傷されてしまうと、怖くてネットをいじれなくなってしまいますよね。不特定多数の人が見る事ができるため、ありもしない噂まで言われてしまうかもしれません。そのようなことにならないように、日頃から対策をしておくことが重要です。誹謗中傷されやすい人の特徴として、人の悪口を頻繁に言う人と自慢話ばかりする人ということが挙げられます。ネットで話す内容によって、その人の評判が大きく変化します。注意しましょう。

万が一誹謗中傷されてしまったら

日頃から対策をしていたとしても、ネットで誹謗中傷されてしまう可能性はあります。そのような時に、どうしたら被害をあまり受けずに済むでしょうか。まず、誹謗中傷の書き込みを削除してもらいましょう。書き込みしてある掲示板の管理人などに依頼すれば、必ず消してもらえるはずです。管理人に削除を依頼する際は、理由も添えるようにしてくださいね。そうすれば、管理人はすぐに動いてくれます。すぐに書き込みを削除しなければ、どんどん被害が拡大していくので早めに動き出しましょう。

誹謗中傷の風潮が収まるまで、ネットは控えよう!

書き込みを削除したはいいものの、すぐに誹謗中傷を止めるのは難しいでしょう。このような場合は、ネットを使用するのを一旦控えましょう。誹謗中傷の風潮は一時的な場合が多いです。そのため、炎上している間はネットに登場しない方が良いでしょう。登場してしまうと、かえって誹謗中傷している人たちは盛り上がってしまいます。そして誹謗中傷の熱が冷めたら、徐々にネットを使用するようにしてくださいね。その際は、誹謗中傷されないように発言には注意することが重要です。

逆SEOとは、検索エンジンで検索したときに上位に表示されるように対策する通常のSEOとは反対に、誹謗中傷などから企業を守るために特定のサイトが表示される順位を下げることです。